上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX 1000通貨の取引は、FXをはじめる資金の少ない方にとってはありがたいシステムです。

1万通貨の取引だと、ドル円なら今のレートで約80万円を取り扱うことになり、
今は個人の取引はレバレッジが25倍までと金融庁より制限されていますから、
取引するには最低でも32000円の証拠金が必要になります。

仮に10万円の資金で取引を始めたとして、
1万通貨の取引だとポジションはせいぜい2つしか持つ事ができません。

しかも何回か負けてしまったら、すぐにポジションを持つ事ができなくなってしまいます。

その点、FX 1000通貨の取引であれば、必要証拠金は1万通貨の時の10分の1。
約3200円で取引することができます。

10万円の資金でスタートしたとしても、1000通貨単位で取引すれば、
ポジションも同時にいくつか持つ事ができ、
相場に応じて柔軟にポジションを建てたり、決済していくことができます。

しかし、FX 1000通貨の取引は取引額が小さいだけに、
利益もちょっとづつしか増やす事ができません。

サイバーエージェントFXも、1000通貨単位で取引が行えるFX会社です。

サイバーエージェントFXの場合、通常の取引口座だと1000通貨の単位の取引は手数料が発生しますが、サイバーエージェントFXにはメタトレーダー4(MT4)の口座もあり、こちらは1000通貨単位で取引手数料を無料でFX 自動売買を行うこともできます。

サイバーエージェントFXでMT4を使った1000通貨単位での自動売買を行いたい場合、外貨exとくりっく365の口座を開設してことが必要です。
FX CMジャパン証券も、FX 1000通貨の単位で取引手数料が無料のFX会社です。

さらにFX CMジャパン証券では、メタトレーダー4とミラートレーダーによる自動売買口座も用意しています。
もちろんどちらも1000通貨単位で取引手数料無料です。

FX初心者でも手軽に始められるのはミラートレーダーの口座の方ですが、FX CMジャパン証券の場合、口座開設時の初回最低証拠金は20万円からとなっており、FX CMジャパン証券のミラートレーダー口座で自動売買を行いたい場合、最低でも20万円の資金が必要となります。
フォレックス・ドットコムはメタトレーダー4やミラートレーダーによる自動売買が行えるFX会社です。

メタトレーダー4、ミラートレーダーどちらの口座もFX 1000通貨での単位で取引手数料無料で取引が行えます。

メタトレーダー4の口座に関しては、自動売買プログラムを稼働させるのにパソコンを24時間稼働させておくか、或いはオンライン上のWindowsデスクトップサービスを利用して、自動売買プログラムを常に稼働させておく必要があります。
最近FX業界で話題になっているのが自動売買、いわゆるシステムトレードです。

システムトレードといえばメタトレーダー4が代名詞のようになっていましたが、最近ではあらかじめ用意された売買プログラムを選ぶだけで、誰でもFXの自動売買を始められる、ストラテジー選択型のシステムトレードが人気を集めています。

FX 自動売買といえば、テクニカル分析や売買プログラム作成の知識が必要で、一般的な個人投資家にとってはかなりハードルの高いものでした。

しかし、売買プログラムを選ぶだけのシステムトレードであれば、FX初心者であっても始めることは可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。